自動運転に欠かせないモービルマッピング

subpage01

今話題の自動運転は人に代わって車が運転を引き受けるシステムです。
運転中は歩行者や前の車両、対向車、自転車を機にしながら車線や信号、標識にまで気を配らなければいけません。
基本的には前面に付いているカメラによって認識することができます。でも、それだけでは反応が遅くなったり、見落としがあったときに大変なことになります。そこで活躍するのがモービルマッピングによって収集された道路の情報です。
モービルマッピングはカメラやレーザー計測器、GPS受信機を搭載した車両を走行させる事で映像や位置情報、空間情報を収集します。

モービルマッピング情報探しならこちらをご確認下さい。

GPSで位置を特定して映像を記録すると同時にレーザー計測で高さや幅などの数値をデータ化する作業です。



収集した映像、情報、データは後処理に回されて、使えるデータに加工されます。

信号の位置、道幅、停止線の位置、障害物、標識や地面に表示された交通規制などをそれぞれの位置ごとに解析して記録します。自動運転の走行で利用されるのはモービルマッピングで取得した情報です。



車線の数や右左折の車線の有無、一方通行や進入禁止の場所、停止線や信号の位置、建物の正確な入り口や高さ制限など人が瞬時に判断している情報を事前に保存し、その場所に来たときに呼び出して利用します。


だから、GPSさえ受信できれば、どこで止まるか、速度はどこまで出していいかを理解しているのと同じ状態です。
安心で安全な自動運転を実現するにはなくてはならない技術です。


ヘリコプターの納得の知識

subpage02

地図と言えば人が見るものだと思われていますが、技術が進んだ今ではそうとも言い切れません。ルートを検索して経路を表示してくれるアプリやナビゲーションも地図の情報を必要としています。...

NEXT

これからのヘリコプター

subpage03

ドクターヘリ−とは、機内に人工呼吸器や除細動器、心電図のモニターなどの医療機器を装備した救急医療用のヘリコプターです。機内に医師や看護師が同乗して現場に向かい、現場から医療機関へ搬送する間に患者に救命医療を行なうことができるので、治療開始を早めることができます。...

NEXT

ヘリコプターの重要知識

subpage04

日本は平均寿命が世界の中でもトップクラスの長寿国として知られています。生活水準の向上や医療技術の進化によって大きな病気や怪我に直面した時にも、高い技術の治療を受けることが出来るのです。...

NEXT

ヘリコプターを詳しく知りたいなら

subpage04

空撮に利用される航空機にはヘリコプターやセスナ機があると言われています。撮影する時にはある程度速度を落とさなければ空撮が出来ない、旅客機などのような高速で飛行する航空機ではピントを合わせるだけで終わってしまい、地上の様子を撮影する事が出来ないわけです。...

NEXT